Presented by Yumegurance

は じ め に

旅館のお風呂は、基本的に宿泊するお客様のために用意しています。日帰りでお湯を味わうには公衆浴場や共同浴場、日帰りセンター系施設などが適しています。

それでも旅館のお風呂を味わいたいということであれば、旅館の都合をあらかじめ知っておくことが大切です。当HPでは、旅館1軒1軒に直接取材をして、主に「お湯をぬいて清掃する時間」をまとめてみました。その時間帯は宿の都合で断られることが多いということを覚えておきましょう。

調査してみて下風呂のすべての旅館に共通していたことは、

「事前に電話をいただけると、行き違いや留守に遭遇することがなくなります。ぜひお越しになる前に電話を1本ください。」

ということでした。よりよい湯巡りのために、このページをご活用していただければ幸いです。

↑ 気になるお湯系へGO! ↑

↓泉質についてはこちらからどうぞ。↓