×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第9回 湯めぐらんすin米沢 2006/6/10〜11


 今回で湯めぐらんすも9回目を数えました。今回は第1回ツアー 以来久しぶりの参加者や,東京からの参加者が出るなど,今までにない形で開催しました。参加メンバーも合計10名にのぼり,わいわいにぎやかに実施することができました。ルートは,福島飯坂温泉スタートで米沢十湯のうち4つを巡り,小野川温泉で1泊。2日目は 山形方面へ向かい,山形蕎麦,蔵王温泉と満喫して帰還しました。
 いつものことですが,グルメあり,ハプニングあり,感動ありの楽しい旅になりました。記念に写真を掲載しておきます。
(掲載している写真等の無断転載を禁じます。)

2006/6/13


スタートは激熱飯坂温泉公衆浴場めぐり。自由行動で49℃を満喫。 こちらの鯖湖湯前にて東京組と合流。ここから車2台です。 ガソリンが無いままたどり着く姥湯。吊り橋を揺らしたのはだあれ? 吊り橋から先がずっと上り坂。誰かがくたびれ果てて息を切らしています。
姥湯混浴露天風呂にて。ここのお湯の香りが消えませんでした。 勢いで川に突入する人。「冷てー!」 その後滑川温泉へ。女性陣はなんと寝湯状態で満喫できず。 BOSSのベストショット。かなり気に入ったようでした。
米沢の名代そば屋小太郎にて盛りそばを満喫中の人たち。 山形蕎麦というよりも,上品でなめらかな米沢蕎麦でした。 みっちゃんの幼なじみの12代目店主と握手。30年ぶりの再開らしい。 白布温泉東屋にて満喫中のonsentamago氏。白い湯花にノックアウト。
こちら中湯別館のオリンピック風呂。長さは25m。ということはやはり・・・・。 かかんにチャレンジするのはスイマーonsentamago氏。 徐々に近づいてくる。onsentamago氏。何秒を切るのか? 近づいてくるにつれ,源泉温度が上がるので辛くなるらしい。泳ぎ切りました。
夕食は米沢牛の焼き肉です。一体どんな味がするのでしょう。 米沢牛に舌鼓のみっちゃん。 おいしい顔が得意のNOZAさん。さすがにこの肉はうまい。 グルメ担当の相方氏。焼き肉が大好物なので,もくもくと食べる。
今回の名物。onsentamago氏の連続写真シリーズ第2弾。焼き肉を食すの図。 口に入っています。もぐもぐ。うん。こ,これは・・・。 思わずにっこり,おいしすぎます。顔のほころびはぼかしの奥からも伺えます。 JakeさんとTODI-Kの焼き肉2ショット。完全に焼き肉に夢中です。
これが米沢牛のカルビ肉。 Jakeさんが撮影した焼き肉マクロの世界。 どんどん育っていくぼくたちのよねざわぎゅう君たち。 おいしいヒレ肉など数点をゆみさんのために心をこめて焼くNOZAさん。
onsentamago氏,無念の初日で帰還。20:00発のつばさで八戸へ。 20:12に入れ替わるように米沢に到着したゆみさん。おみやげに中村屋のギフト。 宿泊先の寿楽荘にて楽しい朝食。やはりここでもマンガ盛り推進委員が活躍。 おかみさんを囲んで全員ショット。楽しいおかみさんに心地よい宿。ありがとうです。
朝一番で小野川温泉うめや旅館を満喫しました。湯がいいねぇ。 尼湯前にてシャッフルタイム。相方さんついにJake号に乗れずじまい。 赤湯温泉公衆浴場厳選1湯。丹波湯を選んだ3人組。 お湯の〆は蔵王温泉。こちらは高見屋の樽風呂。ツアコン旅館を独り占め。
みんなが満喫した足下自噴のかわらや旅館の浴室。 蔵王に集っていた不思議な車たち。なぜだろう。何があったのだろう。 お昼は山形蕎麦をハシゴしました。1軒目は「三津屋」。東京チームもご満悦。 久しぶりの山形蕎麦を味わうNOZA氏。相変わらずいい顔してます。
ゆみさん雪さんコンビも板蕎麦をぺろり。 3つも大板蕎麦を食べた?Jakeさん。微妙なショット。やらせなのか?? 2軒目は「茂三郎」初めての茂三郎を満喫するゆみさん。超笑顔。 今回は東京組とここ茂三郎でお別れ。蕎麦の写真を撮るJakeさんショット。

参加した皆さん,2日間の日程ほんとうにご苦労様でした。今回の旅の様子を見てぜひ次回こそと思っている方も含めて,次回の湯めぐらんすにてお会いしましょう。