×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第12回 湯めぐらんすin栗駒高原 2007/5/12〜13


 湯めぐらんすは5年目に突入し,ついに12回を数えました。今回は栗駒山を時計回りにぐるりと一周するプランです。参加メンバー は12名(+1),参加者も八戸,秋田,山形,東京とバラエティに富んだものとなり,にぎやかな中で実施することができました。初日のルートは 駒ノ湯スタートで花山温泉郷へ。一人だけ私用でぬけましたが,途中でスポット参加の人も交えて楽しく登山しました。この日はランプの宿「三浦旅館」で1泊。2日目は 須川高原温泉から奥州市を縦断し,奥州牛を堪能し,北上にて解散しました。
 いつものことですが,グルメあり,ハプニングあり,感動ありの楽しい旅になりました。記念に旅の様子がわかる写真を掲載しておきます。
(掲載している写真等の無断転載を禁じます。)

2007/5/14


滝沢PAにて恒例の出発式。今回は5:30出発。だんだんこの時間に慣れました。 初日唯一と思われた観光に走るアヒル隊長と2人の部下達。走る走る。 本日の1湯めはくりこま荘のお湯でした。露天でまったり。 冷泉が真っ白。硫黄味抜群でした。
駒ノ湯温泉でまったりする人々。ここは大好評でした(男性陣は・・・) いなっちさんの体力を奪った世界谷地。500mは本当か嘘か?勇者ファイブの活躍! 加美町の栄楽にて名物「バラ肉そば」「ニラ肉そば」を食す。美味で大好評でした。 つゆまで残さず食べた人の図。そのくらい良い味なんです。大盛り並みの量になります。
登山チームに合流したはるさんと一緒に記念写真。(佐藤旅館前) でめ禁止部さんと合流し,いよいよ湯栄館へ登山です。最初は楽々・・。 やっと旅館が見えました。ここまで汗をしっかりかきましたよ。 10年来の念願が叶って露天に入った人もいたとか?それを支えたメンバー達。
やっと本日の宿の入口へ到着しました。 山道をなめた軽装備。サンダル男2名です。 また登山,通算3度目の人もいるとか。世界谷地,湯ノ倉,そしてここ・・・。 宿主にランプを点火してもらう。これで雰囲気が盛り上がります。
思わずランプの前で記念写真をとる初登場のつちやさん。 今回の宴会を仕切った相方さん。あいかわらず進行がうますぎ。 乾杯の音頭は突然指名された初出場のつちやさん。それでも無難にこなします。 マンガ盛り推進委員会の会員である紅鮭さんの貫禄の盛り!
前の旅で1000湯を達成したJakeさんを御祝いします。(T−Kも) 山菜料理に舌鼓を打つ人たち。 真夜中の露天風呂にて怪しい人たちを発見。この後,この人たちは逃走しました。 深夜1時近くに硫黄臭満点の露天風呂を満喫するいなっち氏。「来て良かった!」
真夜中,この押し入れの奥には何者かが潜んでいました。 朝,ノックすると中にでめ禁止部さんが滞在。(恒例のドラえもん登場) おしいれがお気に入りのでめ禁止部さんでした。 朝の内湯。ランプで照らされるのとまた違って美しいです。
朝の内湯を満喫するつちやさんとBOSS。表情が最高な2人です。 露天風呂で満面の笑み。つちやさんと新人くん。 自分で芸術的にマンガ盛りをしたJakeさん。 初めてのシャッフルにどきどきのつちやさん。この後シャッフル伝説が生まれます。
国見平ではトランシーバーリアルタイム中継,拉致事件など数々の思い出ができました。 やけいし館では全員で一気に溢れさせショット。芸術的なタイミングで撮れました。 〆を予定していた夢の湯入口でアルテイのお面と張り合う二人。なかなか男前。 昼食の奥州牛を食しながら,お互いの体臭を確認し合う国見平チーム。
牛タンとセットでバイキングコース。牛そぼろ最高。それの定食が欲しい。 夢の湯にてアワアワを満喫する3人。湯口が新しくなりました。 時間調整のため夏油に上がりました。新太郎の湯にて,足下自噴を味わう2人。 いよいよお別れです。夏油から先はそれぞれの帰路へつきました。ごくろうさまです。

参加した皆さん,2日間の日程ほんとうにご苦労様でした。今回の旅の様子を見てぜひ次回こそと思っている方も含めて,次回の湯めぐらんすにてお会いしましょう。